急におなかが痛くなるのはやめてほしい

本日、あたいは某ターミナルの近くの公園で子供と一緒におウォーキングをしておりました。
そこから、急に腹が痛くなりました。(いわゆる下り龍というものだ。)
ですが、その公園には子供を連れて使用できる多目的便所がありません。
仕方がないので、そこから10取り分クラス歩いて、比較的綺麗で人物が安い便所を探しました。

その途中。。。
シグナルにはひっかかるわ、商店街路をのろのろあるく若い人が要るわでいらいらしましたが
何とか望みで、便所に辿り付き事なきを得ました。
しかし、それも束の間10取り分後に再度、大きな流れが押し寄せてきました。(お食物間のかた心からゴメンナサイ)

次は面倒なので、薬を買おうとした周辺、誠にふところをアパートに忘れていたのです。
仕方なく、二度とおんなじ便所に滑り込みました。

昔から腹を下し易い慣例なのですが、正に困ります。
どこへいくにも下り龍に襲われることを留意し、便所を探し回る日々。
これは、触発なのか、習慣なのか、はたまたナーバス性なのか。
一度、動機を追求し、下り龍に勝つすべを探し当てたいものです。エピレVIO脱毛

偏西風の波動とジェット気流などについて修練

風などについて勉強しました。熱帯収拾帯は、エナジー土砂降りで熱帯雨林が発達します。亜熱帯高圧気温相違をでは、乾燥天候となり砂漠が発達します。南北両半球とも中緯度帯では対流アクションは側せず、地表四方から上空まで西よりの風が吹いています。こういう西風を偏西風とよびます。その風速は緯度30°、高度12kmのあたりで最も強くなっています。偏西風の中でとくに著しい帯状の気流をジェット気流といいます。偏西風は、南北に蛇行しながら東に向かって吹く。これを偏西風波動といいます。偏西風は南北に蛇行することによって低緯度のパッションを高緯度に運んでいます。低緯度ではハドレー頻度によってパッションが運ばれているのに対して、中緯度から高緯度にかけては偏西風の波動によってパッションが高緯度周りへ運ばれています。年間の降雨と蒸発数量の緯度分布は熱帯収拾帯で降雨が大きく、亜熱帯高圧帯で蒸発数量が大きくなっているなど、大気の大頻度とぐっすり対応しています。やけに勉強になりました。キレイモ 値段