読売新聞小説連載:”花咲舞が黙ってない”を一年中面白く読んでいる自分

今年の年始から読売新聞の読物連載が池井戸潤様の”花咲舞が黙ってない”が訪れ、連日面白く読んである。新聞紙読物は、連日少しずつ読めるので自分は、大好きです。パンフレットになると、間を忘れて読んでしまうので、気づくと、更にこんな間と想うことも多々あります。不器用な自分は、掴む間を確保するのに一苦労するので、連日読める新聞紙は、好きです。今年から花咲舞様の良心あふれる組み合わせと上役の相馬様とのキャッチボールを読めるなんて快くなりました。自分が”花咲舞が黙ってない”を知ったのは、日本テレビでドラマ化されたのを観て知りました。池井戸潤様の品物はTBSでドラマ化された”半沢直樹”もそうですが、取り敢えずTVドラマで分かり、パンフレットを手に取ったことは、ありませんでした。”半沢直樹”の見学パーセンテージは、最近のドラマでは、考えられないくらいの見学パーセンテージになっていました。私も、オーディエンスの単独でした。でも、どうしてもメンズの事情ですなともらいできるドラマでした。男子は宝物でしたが。しかし、レディースバージョンの半沢直樹とおっしゃる”花咲舞が黙ってない”のドラマを観て、良心いる物怖じしない活動は、いやにスカッとして意思が良く、各週楽しみに観ていました。主演の杏様は、最近、双子の赤ちゃんをご分娩され、喜び散々な生活を送ってある。読物の舞様が結婚するのは、何時になるのか分かりませんが、当分結婚式されずに、悪賢い連中を依然として懲らしめていって望むなと思っています。ミュゼ 鼻下